時給1000円介護施設職員の憂鬱

分かりやすく、介護職員の時給を1000円としてみる。夜勤が長引いて、24時間勤務になったとする。往々にしてよくあることである。そうすると、一勤務あたり2万4000円となる。そんなキチガイ勤務は一ヶ月に10回が精一杯なので、人件費は24万円用意する。それ以上増えることがないお得な定額パックだ。これで後は好きな金額で労働基準法にあうように計算すればいい。そもそも労働時間と休憩時間の定義すら曖昧なので、いくらでも額面の操作は可能だ。残業代を支払ったことにすればよい。勤務評定下げて、時間あたりの単価を下げれば、どんなに働いても24万円に収まるだろう。残業が多いのは生産性が低いからだといい放てばいい。
一ヶ月あたりの労働時間は240時間だから、法廷労働時間の176時間を引けば、残業は66時間。過労死ラインを下回るので、合法である。書面上、残業代が支払われていれば、誰も気づかないし、労働基準監督署も動きようがない。
実際上はここまで働けるタフな人間はほとんどいないから、もっと人件費は削ることができる。これがなんと管理監督者のインセンティブとして働く。介護職員を安く、奴隷のように働かせることのできる人間がドンドン給料が上がり、有給休暇をとって海外旅行へ行ける訳なのだ。
こんな介護施設では、利用者を減らさないためになるべく定員一杯まで詰め込み、ただ生かすだけになる。そんなものはケアとは呼べない。

処遇改善交付金があっても、介護報酬は減ったので、結局のところ介護職員の手取り給与は増えなかった。かえって減った例すらある。余計な書類仕事が増えて職務が停滞し、事務員の仕事が増えただけに終わった。
処遇改善交付金を誰に分配は各事業者に委ねられているから、いうことを聞くイエスマンに分配し、後のどうでもいい介護職員の給料は下げられる。
キャリアパス要件があるじゃないか?といわれるかもしれない。大抵の場合研修に参加することで、キャリアパス要件を満たすという仕組みになっているのだが、ほとんどの介護職員は現場が人手不足なので研修には参加できず、能力以前に昇給の機会がない。
つまりは出来レースであり、管理者が可愛がっているイエスマンだけ見せかけの研修を受けて昇給する。そういう人間だけが現場を踏み台にして出世して高い給料をもらっていく。

時給1000円の介護職員には昇給はない。減給と自己都合によるクビがあるだけなのだ。



やはり、1500のインプレッサスポーツワゴンな気がする。

Goo-netのカタログはこんな感じ。2006年インプレッサスポーツワゴン

さて、スペックを眺めて見ることにしましょう。

1)ボディタイプ ワゴン
ドア数 5ドア
乗員定員 5名
型式 LA-GG2
全長×全幅×全高 4455×1695×1465mm
ホイールベース 2525mm
トレッド前/後 1460/1450mm
室内長×室内幅×室内高 1845×1380×1200mm
車両重量 1200kg(4WDは1260kg)

少し重たい感じはしますが、室内はさすがワゴンというだけあって広いです。横に倒せばなんとかママチャリだけは乗るかもしれないっていう広さですね。車重を削りたければ、FFを選ぶことになりそうです。でも私はスバルの4WDに乗ってみたいなあと思うのであります。

エンジン・燃料系
エンジン型式 EJ15
最高出力 100ps(74kW)/5200rpm
最大トルク 14.5kg・m(142N・m)/4000rpm
種類 水平対向4気筒SOHC16バルブ
総排気量 1493cc
内径×行程 85.0mm×65.8mm
圧縮比 10.0
過給機 なし
燃料供給装置 EGI(電子制御燃料噴射装置:マルチポイント・インジェクション)
燃料タンク容量 50リットル
使用燃料 無鉛レギュラーガソリン
環境仕様
10モード/10・15モード燃費 16.6km/リットル

おおう、水平対抗ということもあってSOHCなんですね。のどかに回ってくれそうです。馬力は少し少なめではあるようですが、穏やかに乗れば燃費は期待できそうな感じです。

足回り系
ステアリング形式 パワーアシスト付きラック&ピニオン
サスペンション形式(前) ストラット式独立懸架
サスペンション形式(後) ストラット式独立懸架
ブレーキ形式(前) ベンチレーテッドディスク
ブレーキ形式(後) ドラム(リーディングトレーディング)
タイヤサイズ(前) 175/70R14
タイヤサイズ(後) 175/70R14
最小回転半径 5.1m

タイヤサイズがお得な175/70R14です。こういうの結構維持費に響いてくるんですよね。後ろのドラムも良い感じです。

駆動系
駆動方式 FF
トランスミッション 5MT
LSD —-
変速比 第1速 3.454
第2速 2.062
第3速 1.448
第4速 1.088
第5速 0.825
後退 3.333
最終減速比 3.900

U14に比べて若干ローギアードな感じがしますが、よく回るエンジンなのでしょう。きっと。

お目当てやはりベヘドオートは安いのが揃ってます。中身はどうなんだろうか?
スバル インプレッサスポーツワゴン 15i-S

Googleアドセンスは沈黙してしまった模様。多分、私のサイトまで処理能力が及ばないのでしょう。しょっちゅうプログラムの更新がかかるせいで、不安定なんだと思われる。やっぱり当てにならないなぁ。