「防衛破綻」清谷信一著-中公新書ラクレ

ブックオフの108円コーナーにて発見しました。
防衛破綻「ガラパコス化」する自衛隊装備
この本の内容はなかなか興味深いものでした。
一部の内容は
清谷信一公式ブログ
に書かれている内容でしたが、かなり掘り下げていろいろな内容に言及している良著だと思います。
この本読むと日本の自衛隊が海外に出て行くっていうことがいかにリスキーなことかが良くわかります。国防体制、大丈夫なの?と疑問に思うぐらいです。今自衛隊が海外にいますけれども、相当無理をしている状態であることは容易に想像できます。米軍の傘下で軍隊ごっこに興じていたツケは自衛隊員の地によって贖わなければならないのでしょうか?そんな心配もしたくなります。この後に東日本大震災が発生し、自衛隊の懺状が明らかになることを考えると・・・。(この本は2010年発行)
どうにもならない現状を現場のプロフェッショナルの意地で支えている状態はどこかで破綻が来るでしょう。
専門的な内容も含まれていますが、国際紛争がどうしてこういう現状になったのかという背景について知ることができる良著だと思います。日本はどのようにして国を守るのか?それを考えるべきときにきていると思います。
実はゼロ戦の時代からそうなのですけれど、兵器というものはいろんな国の技術を集大成しないとまともな兵器なりません。優れた兵器は世界中の優れた技術をうまく纏め上げた兵器なんです。P-51ムスタング然り、零戦然り、T-34然りなんです。皮肉なことですがそうなのです。
清谷信一氏のblogは読み応えがあります。批判されることも多いです。特にミリヲタから評判悪いですね。でも彼は彼自身の商売があり、その片手間でblogやっているわけで、そこにどうこういうのもアレだとは思うんですけどね。
兵器市場の実情を知る貴重な日本人ジャーナリストだと思っています。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です