自動車販売のスタンス

車を売ろうと考えたとき現在日本でどのくらいの自動車が売れているのかを知りたくなり、調べて見ました。自販連のページによりますと2017年2月の販売実績は新車が31万台、中古車が28万台位のようです。中古車検索サイトを見ますと在庫は大体40万台~60万台といわれていますので、およそ販売台数1台につき1.3台~2台の在庫があると考えることができます。この在庫率は、中古車販売店のタイプを示すものといえそうです。少ないと回転率がよい店といえますが、あまり整備してないかもしれません。在庫率が多いと経営は圧迫されますが、整備に時間をかけているとも言えます。
車のタイプによってもこれは変わってくるでしょう。
私は中古車販売を通じて、もっと自動車を楽しむ人が増えて欲しいと思っています。私自身マニュアル車に乗ってはいますが、タイヤ交換もできない人間です。でも車は好きですし、楽しいです。これからもっとクルマの勉強をして楽しく暮らしたいです。クルマ好きのネットワークがもっともっとつながればいいなと思っています。
私は自動車販売店じゃないけど、楽しいクルマを紹介して必要な人のそばに届けるお手伝いがしたいです 。
NCP成瀬 太一郎という人のサイトみたいです。すっきりしていて、いいかんじかなと思います。

故障率曲線は中古品を語る上では必須の知識だと思います。例えば買おうとしている中古車が、故障率曲線の中のどこにいるのかを判断することがお得な買い物をするカギだと思います。故障率を減らせる修理を判別できるかどうかも、中古品をお買い得で買えるカギです。故障品でも安く修理できればお得な完成品になるということです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です