二・二六事件と東京マラソン

SEO対策っぽい記事(笑)
東京都は地方議員の一部が造反を始め、小池新党の動きがあります。東京マラソンの号砲を小池知事が打った日が2月26日だったというのが、何やら暗示のような気がしてなりません。小池知事と仲間たちはあたかも二・二六事件の青年将校のようでもあります。はてさて、これからどんなクーデターをやってくれるのか?ちょっと東京都民としては楽しみであります。
今日の天気はマラソンには丁度いい天気ではないでしょうか?
二・二六事件
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%8C%E3%83%BB%E4%BA%8C%E5%85%AD%E4%BA%8B%E4%BB%B6
この事件は昭和史の重大事件であり、太平洋戦争に大きな影響があります。派遣軍の司令官のうち山下奏文はこのあと日本から飛ばされて、戻ってくることができませんでした。人望が厚く、勇猛果敢な将軍である山下を海外へ飛ばしたんです。いっそのこと独立国作ってくれればよかったのになどと思ってしまいます。そうしたら案外、緩衝国になって太平洋戦争をやらずに澄んだかもしれません。山下将軍がフィリピンルソン島の刑場の露ときえた原因も二・二六事件にあったといってもいいでしょう。
この日、海軍はやる気満々で、戦艦の主砲は国会議事堂に狙いを定めていました。陸軍が投降しない場合、戦艦長門の主砲で吹き飛ばされていた可能性があったのです。数分で火の海になったでしょうね。
同じネタをやった方がいました。やはり考えることは同じかぁ・・・。
二二六事件と東京マラソン
http://blog.goo.ne.jp/kazahana1933/e/8fc5462df5dfbe928da5d619ccbfe383

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です